ごあいさつ

「心」、「技」、「体」の追求 ~次世代へのメッセージ~

「技術の伝承 そして、さらなる進歩へ」を掲げて第1回目豊橋ライブデモンストレーションコースは2011年10月に豊橋で開催しました。この年は我々日本人にとって今も記憶に新しい東日本大震災の年で、日本中が悲しみに暮れた年でもありました。その年の4月に予定していた第1回豊橋ライブは復興を優先して、延期となり半年後の10月に開催しました。あれから足掛け10年が経過しましたがいまだ記憶に新しい出来事です。

今年は第10回という記念すべきコースとして、昨年末より着々と準備を進め、過去最大のイベントとなるよう企画しておりました。しかし、2020年1月、コロナウイルスという未知のウイルスが世界中を震撼させました。最初の報道ではお隣の中国のことだと安堵していましたが1月中旬に我国でも感染が確認され致死率の高いウイルスであることがわかり、もはやお隣の国の話ではなくなりました。毎日のように感染者が増え、4月に関東、関西を中心に緊急事態宣言が出されました。その間にオリンピックを始め様々なイベントが国内外で中止となり、学術集会、ライブデモンストレーションも中止、又は延期を余儀なくされ、6月に開催を予定していました第10回豊橋ライブデモンストレーションコースも例外ではなくなりました。夏になれば落ち着くかと思われましたが、それどころか増え続けています。この状況を鑑み、第10回豊橋ライブデモンストレーションはオンラインで開催することとなりました。我々は以前から豊橋ライブを一部デジタルでも配信しておりましたので、その経験を活かして11月26日(木)から28日(土)の3日間にわたり、オンライン開催をいたします。

平日は夕方からイメージングやコンプレックスインターベンション、テクニック、教育講演の座学を中心としたセッションを開催し、28日(土)は複雑病変に対するPCIのライブデモンストレーション、そして、SHDのライブを実施します。また、土曜日にはコメディカルコースも設けます。今回はフルリモートでの開催となり、当院のオペレーターが術者を務めます。 オンラインの優位性を活かして容易に参加しやすく、コミュニケーションの取り方に工夫を加え、双方向でチャットを通じて皆様のコメントを手技中に広い、質問やご意見に対し議論を深めていきます。今回の豊橋ライブを通じて新しい時代を皆様と共に切り開きたいと思います。

東海ライブ研究会
代表世話人
鈴木 孝彦 (豊橋ハートセンター)