SHDコース

午前中は豊橋ライブ初となるTAVIライブを2例中継いたします。座長・コメンテーターには医師だけでなく、コメディカルの方々も参加いただきます。
午後は、経皮的左心耳閉鎖術(LAAC)が普及したことで、この治療に関する理解を深めてもらうことを目的に、循環器内科医だけでなく脳卒中領域を専門とする脳神経外科医・脳神経内科医を座長・コメンテーターに お迎えしてLAACライブ、ブレインハートセッションを開催することとなりました。

開催概要

2022年6月25日(土) Room C
13:30-17:00 オンライン開催

  • オペレーター:  山本 真功 先生(豊橋ハートセンター)
  • 中継施設:  名古屋ハートセンター

プログラム詳細

9:00-10:30
SAPIEN3 TAVI ライブ
ミニレクチャー
TAVI術中における心エコー医の放射線被ばく
-スタンダードかつシンプルな手技がもたらすSAPIEN 3の新たな安心感‐
共催:エドワーズライフサイエンス株式会社
11:00-12:30
Evolut™ PRO+TAVI ライブ
ミニレクチャー
Cusp Overlap Techniqueに関する最新アップデート
共催:日本メドトロニック株式会社
13:30-15:00
LAACライブ
レクチャー
脳卒中医が考える経皮的左心耳閉鎖治療の適応とは?
ミニレクチャー
LAAC治療による術前CT計測
共催:ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社
15:30-17:00
Brain Heartセッション

Keynote Lecture
PFO検出に必要な心エコー評価

  • PFOを見落とさない、鑑別疾患に対する考え方
  • 薬物療法と侵襲的治療のすみわけ:パート1
  • 薬物療法と侵襲的治療のすみわけ:パート2

※SHD=Structual Heart Disease

豊橋ライブデモンストレーションコース・東海ライブ研究会について

豊橋ライブデモンストレーションコースは循環器領域のカテーテル治療を軸としたライブデモンストレー ションコースでございます。

当コースは、豊橋ハートセンターの鈴木孝彦氏が代表世話人を務める東海ライブ研究会を母体としており、 当会は 2000年に設立以来、地域のカテーテル医療の技術向上を目指してライブデモンストレーションや 研究会、そして、臨床研究などを行っております。

豊橋ライブデモンストレーションコースは2011年から年1回、5月から6月にかけて開催する全国の医師を 対象としたライブコースで、毎年2000人近くの医療従事者や企業関係者が参加するコースでございます。 発足当初は循環器内科医のみが集う会でしたが、現在は、末梢血管インターベンション、Structural Heart Disease(SHD)などのコースを設け、循環器内科医のみならず、心臓血管外科、血管外科、放射線科、並びに 開業医の先生方にも参加いただいております。